2014年6月 4日 (水)

2007年四国遍路旅~高野山~光楽園

※画像はクリックすると大きくなります。

2007年4月、5月の二ヶ月に渡っての八十八ヶ所、伊予鉄バスさんを使っての遍路旅は、天候にも恵まれて、とてもありがたい旅となりました。

Dsc06585_3

                          前半の旅のバスの運転手さんたちです。

Sdsc06145_p 後半の運転手の石田さんです。

Dsc06864

              いよいよスタートです。

Sdsc06040_p

4月は桜がきれいでした。

Sdsc06080_p_2

5月は空も青く、新緑が美しく映えていました。

Dsc06596_4

 

Sdsc06036_p

Sdsc06641_p バスの中では、お菓子がどんどん回ります。大判ぶるまい~。

 

Dsc06863

Dsc06616_2

こんなハシゴで高いところへ登るお寺もありました。(希望者のみ)










Dsc06644_2

正観さんが、所々でお話をしてくださるのが嬉しかったです。

Dsc06632

Dsc06633









Dsc06665

お茶を飲む正観さんをみんなが囲んでいます。

Dsc06802

 

Dsc06872

みんな楽しい仲間でした。Sdsc06324_p

Dsc06877

Dsc06881

Sdsc06096_p

Sdsc06198_p

Sdsc06304_p  

主催者さんのお心遣いで、宿泊するところもホテルと宿坊を組み合わせたりしてくださいました。Sdsc06075_p

Sdsc06143_p

オリエンテーションや茶話会もありました。

Sdsc06101_p








日輪もたくさん見ることが出来ました。

Sdsc06228_p

ロープウェイで登るお寺もありました.

Sdsc06155_p

Sdsc06165_p








室戸岬の御厨人窟(みくろど)です。19才の時に空海さんは、この洞窟にこもって修行され 「求聞持の法」を成就することが出来ました。

Sdsc06185_p

Sdsc06623_p

Sdsc06175_p

ありがとうろうそくさんも一緒にお参りです。

Sdsc06660_p

Sdsc06333_p

正観さんのお杖にはニコちゃんと名前が書いてありました。

Sdsc06330_p

Dsc06868


旅はどこへ行くかより誰と行くか

Sdsc06172_p_2

 

Dsc06710

宿泊したところの売店で水晶玉が販売されていました。正観さんのオススメもあり、ほとんどの方が買われたようです。(私も買いましたよ(^^♪)

Dsc06712

八十八ヶ所を全部回ると結願の証がいただけます。

Dsc06885

フェリーに乗って九州・沖縄方面へ帰るグループです。

Dsc06906



6月は、高野山へのお礼参りがありました。根本大塔と青空のコントラストが美しかったです。

Dsc07267

Dsc07259

5月21日は空海さんの月命日なので、いつもは見かけない多くのお坊さんを見ました。行事がいろいろあったようです。

Dsc07275

Dsc07291

胸襟を開くという言葉がありますが、胸襟を開くと下にうたしグッズ「蓮のTシャッ」を着ている方が多かったです。

Dsc07296

                                   宿坊でのお食事です。

Dsc07306

Dsc07311

正観さんは生涯ただ1度だけ、講演会の主催をされました。善通寺の57代管長樫原禅澄さん(この頃は、副管長さんでした)の講演会です。高野山で、このような方のお話を聞ける機会を私たちに与えてくださった正観さんに感謝です。 

Dsc07314

Dsc07320_2

松葉杖で東京から参加された方のお話を聞いています。 









ここからは、その直後に光楽園で開催された合宿の様子です。

Dsc07334

いつも、美味しい朝食、楽しい夕食でした。

Dsc07330

Dsc07354













お遍路のお世話という大役を果たされた窪田ご夫妻です。

Dsc07345

ピラミッドハウスの中での講演は、ここでしか味わえないものでしたね。

Dsc07348

 

2014年4月23日 (水)

笑いオープンワールド2004年~2010年

2004年11月20日~21日に第1回のワライオープンワールドが、浜松市のアクトシティで開催。前日の19日に集合して、設営の準備から始まりました。

041119_1925

長野から来た山岡一級建築士さんがスミツケ(イスを並べる場所に印をつける)
をして下さった所に配置していきました。講演会に並べたイスは1、100席程だったそうです。講演会会場、フード&休憩コーナー、販売ブースの三ヶ所の広さは千坪だそうで、広い広い会場でした。

041119_1920

音響さんを除く他はみんな素人集団で、こんな広くて大きな会場でやるイベントが出来るのかしら?なんて事は少しも思わないとこが、みんなスゴイ。後でカメラと照明の二名の方は過去に経験があると聞きました。

ステージの上に大きな看板をかけたらステージの方は準備が出来ました。スタッフジャンパーは男性はイエローグリーン、女性はショッキングピンクでしたが、サイズが女性はMのみ、色も着た事がないような目の覚める色で、落ち着かない事この上なしでした。私は結局男性用に替えてもらいました。

041119_192300














笑顔共和国の福田さんは、すでにスタンバイされています。何度もお会いして、お話も聞いていますが、今回のお話はいつもより更に良かったと思ったのは私だけではないでしょう。  

041120_1031

小さいのは携帯で撮った画像です。

041120_1340
041120_1341














正観さんのお話を聞き続けて11月に8年目に入ったミセスくれいんですが、正観さんのスゴイところは数あります。その中でも「どんな会場でも同じ態度で講演する」というのはスゴイと思います。大は船井オープンや笑いオープン、小は段々畑の上にある公民館のような民家、いろんな会場で講演される正観さんを見せて頂きましたが、どんな会場でも正観さんが講演される態度は変りません。どんな方にお会いしても同じです。

041120_1353

お二人の今日のお召し物は、とても素敵なピンクの文字で書かれた「ありがとう」がいっぱいの「ありがとう着物」です。

041120_173500
041121_184100

懇親会での演芸です。女装が初めての方がほとんどなので、えらく盛り上がっています。彼ら(彼女?)は「編隊(変態)とまれー」とか言いながら懇親会のステージに上がり、先ほど美しいSKPコーラス隊が歌った「私の青い鳥」を歌ったのですが、約300名の参加者から大受けしていましたよ。

Sdsc00077

おやおや、ルパンとネパールの美女ですか?

Sdsc00096

わけわからんかぶりものの人はだれでしょうか?
041120_2119
















第2回目は2006年11月25日~26日に、前回と同じアクトシティ浜松の展示イベントホールで開催。前日の13時に集合して準備にとりかかりました。

Pb250206_p_2

Pb260264_p

翌日のリハーサルをしているところです











正観さんのCD「ありがとう21」を作った方々が集まっています。

Pb260274_p

スタッフも少し休憩しています。

Pb250220_p_2

トップバッターは医師の昇先生ですが、なんと開演15分前というのにお姿が見当たりません。控え室にも、ブースにも、影も形もないのです?講師の先生方の誘導係りの担当Kちゃんは!!ひぇ~。
でもさすがです。はじまる前にはステージ横へ昇先生は無事到着。どうやらお外の方へ行かれていたらしい。これが教訓で、その後私もKちゃんも講師の方を見失わないようにマークするようにしました。

Pb250211_p_2

二番目の出し物は落語で花緑(かろく)さんのかっこいい江戸前の落語が始りました。今年の横浜でのコンサートでは気が付きませんでしたが、着物を着てスタンバイしているお姿は貫禄さえ感じさせます。お弟子さんが5人いるそうで、若いのにしっかりされています。

Pb250213_p

午後一は、同じ福岡に住んで親しくさせて頂いている福田純子さんの講演です。何ともいえない素敵な色柄の着物の裾をめくって、長襦袢はありがとうが入っているのを見せてくださいました。色っぽいかも?

Pb250216_p

そして次は、お待ちかねの歌之介さんの登場。4~5秒に一度は笑わせて下さる落語に、お腹が痛くなるほどです。鹿児島出身ですから同じ九州人として親しみを感じます。博多でも数回落語を聞かせて頂きました。主催のTちゃんが博多に来て、歌之介さんに出演依頼をした時に私も同席していたのですが、歌之介さんは時計からトランクス、ハンカチその他とうたしグッズをご愛用で、正観さんのご本もたくさん読まれていました。

Pb250225_p_2 

笑いオープンでの裏話(BY某主催者)

南条マキさんは正観さんのご本やお話を聞いた事がない方で、弘園社の坂本社長さんがとある、保険会社のパーティで彼女を見初め、「笑い」にピッタリの方だと薦めて下さいまして、正観さんの了解を得ての出演でした。

 南条さんは最近プロダクションを辞められ、マネージャーさんとも上手く行っていないようで、この「笑いオープン」のお話は詳しく聞かされていなく、タダ「浜松へ行って」と言われたそうです。そんなトラブルがある中での出演で、楽屋に入るそうそう、寒いとご機嫌が悪かったそうです。実は前日から風邪気味だったのです。会館の方にお願いして暖房を入れたのですが、全控え室の暖房が故障中とその時わかったのです。

Pb260275_p_2

と言うことは、前日から楽屋を使っていた、福田純子さん、歌之介さん、花緑さん寒い思いをしていたのです。でも、正観さんのお話を聞かれているみなさんは文句を言わないのです。すごいですよね。

1時間のステージを終わって楽屋に戻ってきた南条さんが、スタッフに向かって、「さっきはごめんなさいね、いやなこと言っちゃって」と誤ったのです。エエエエ・・・

何とその時、南条さんから「スタッフやお客さまが、みんな楽しんでいる。いったいこの人達はなに?正観さんてどんな方?ご本が欲しいから買うわ。」とおっしゃったのです。1時間のステージに上がって何かを感じたのでしょうか。南条マキただ者じゃあない。もしかして、スゴイ人かも?

会場から帰られるとき、私と湯婆婆がお見送りをしたのですが、車の中から何時までも、私たちに手を振っているのです。そして昨日南条さんからファックスが入っていたのです。「2年後の出演のご依頼うれしでーす。お客様と皆さんのパワーのおかげで楽しくショーを演らせて頂きました。ありがとうございます。正観さんのご本とてもおもしろいです。」 うれしいですね。みなさんドンドン素敵になっていく。

Pb250231_p_2

懇親会ではSKPさんの出し物が受けていました。

Pb250241_p_2


第3回目は2008年11月1日~2日にアクトシティ浜松で開催。
31日から浜松へ入り、ワライオープンワールドのお手伝いをさせて頂きました。今回で3度目になりますが、毎回いろんな気付きがあって楽しいです。

この方が主催者のみもざさんこと恒子さん、小さな身体でビッグなことやっています。このお花も彼女が生けました。

Dsc04184_2

舞台スタッフのみなさんで、大きな太鼓を運んでいるところです。

Dsc04194_p

舞台監督の山田眞司さんと鶴田眞理子の共通点は真ん中の二字です。つまり田と眞、だから何ですけどね。タマタマ(田眞田眞)です。

Dsc04201_p














今回も司会をしてくださった彩子さんは、性格も声もよくて美人です。

Dsc04197_p

物販ブースでばれり~ばさんこと谷川さんから気功療法を受けました。気持ちよくてとろけそうでしたよ。みなさんもお試しくださいね~。

Dsc04202_2

美鈴さんは水晶玉を販売していました。売れましたか~?

Dsc04204_2













いろんなお店が出ていましたが、癒し系のものが多かったみたいですね。

Dsc04207_p

Dsc04213_3

      

籐子さんの「お礼の歌」です。












Dsc04215_3

出場者全員で歌っているところです。

Dsc04216_3

Dsc04220_2

正観さんの歌は「川の流れのように」です。












Dsc04221_p

ワライオープンワールド二日目の最後の全員コーラスで、ステージも客席も一体になっての盛り上がりです。

Dsc04222_p

懇親会も盛大に執り行われました。

Dsc04159_2












北海道チームの演芸に拍手喝采。

Dsc04176_p

おや、今年もルパンが登場しています。

Dsc04161
Dsc04181_2

正観さんが真面目なお顔ですね。













第4回目は浜名湖ロイヤルホテルで、2010年11月6日に開催されました。
トップバッターはテラスターズさんです。この回は、正観さんが最後に出演されたワライオープンワールドです。

4097

4039_2

4098

花緑さん、西本先生、歌之助さんと続きます。

4099
4041













気さくに写真を取らせてくださいました。

4043

今回のワライオープンと正観さんのお誕生日に参加して感じたことです。昨年までは、笑いは述べ二千人、お誕生会は百数十人規模の催事でした。文字通り.com(ドットコム)でしたから、スタッフはヨレヨレになっていました。(私だけかも知れませんが)

それが、今年は@home(アットホーム)な催しになったのです。花禄さんのお母さんが言われたそうです。「本当に正観さんや、花禄の話を聴きたい方だけが来られたのね」、同感です。

4045

終了後の懇親会も美味しい料理が沢山出てきて、お腹一杯いただけたし(これは重要)花緑さんもウクレレを弾きながら歌ってくださったりと別な芸が見れたりして、すご~く得した気分になりました。

4048

全国の方と会えるのもワライオープンの楽しみで、北から南から大勢の懐かしいお顔がありました。

4047_2

4046

そして、正観さんのプレお誕生会もあり、正観さんが歌ってくださいました。主催者から用意されたケーキは、正観さんは召し上がらなかったので、私たちが懇親会後の二次会で、いただいちゃいました。(美味でした~m(__)m)

Dsc00106

Dsc00107

Dsc00108

























私がこの日記にワライオープンワールドを掲載したいと頼んだら、恒ちゃんがその返事をくれましたので、ここに掲載させていただきます。

まりちゃん是非とも載せて下さい。
うれしいです。あちらに行かれても、正観さんは総合統括プロデューサーです。今回出演者を探して居る時も、繋げてくださってます。今回ご出演の皆さんも、正観さんの大ファンですよ

第6回ワライオープンワールドが2014年10月25日(土)に静岡県掛川市で開催されます。詳細は下記からご覧ください。

第6回ワライオープンワールド

2014年4月17日 (木)

お誕生会2010年(最後のお誕生会)

2010年11月6日は、静岡県掛川で笑いオープンワールドが開催されました。
7日に光楽園へ移動して、8日~9日に開催される正観さんの誕生会の準備にとりかかりました。管理人の方がいなくなって初めての誕生会でしたが、設営には、SKPのみなさんと光楽園のスタッフ、そして参加された方も加わってくださいました。これが、最後の正観さんの誕生会になるなんて、その時には誰も思えないことでした。

62才の誕生日目前の正観さんに主催者からケーキが用意されていて、とても、嬉しそうな正観さんです。

Dsc00106

浜松から光楽園へ戻ってきて、スタッフは誕生会の準備を始めました。

Dsc00121

4052

フロントは大忙し、SKPのみなさんも大活躍です。

4055













皆さんのご協力を得て、どうやら設営が出来たようです。

4056

そろそろ前夜祭が始まります。

4057

4058_3 オープニングはテラスターズさんです。












4061

東京の方も四国の方も

4063

♪踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン

4065

4071

4072

楽しい出し物が続々続きます。












11月9日午前1時45分、リアルタイムにケーキ登場です。

4077

Dsc00190

祝福の笑顔に囲まれた正観さんです。

4078

翌朝、大きな鯛が登場、朝の部のごちそうさんです。

4081

4084

上田まり子さんはお赤飯やお餅のプロです。

4083

光楽園のキッチン隊も活躍しています。
4085













こちらは夜の部のごちそうさんです。

4086

4088

二日目も芸達者の皆さんの登場です。

4106

4113

4089

4104

4108

4110

二日目のケーキはSKPさんの手作りケーキでした。

Dsc00217

4090

正観さんも歌ってくださって、楽しい夜は更けてゆきました。

Dsc00221

光楽園では、本当に夢の様な楽しいお誕生会を重ねることが出来ました。ご参加いただいた皆さん、SKPの皆さん、スタッフの皆さん、そして正観さん、ありがとうございました。

お誕生会2009年

キャ~、今年はオバケ登場~!

Dsc08518_p

大丈夫です、マジシャンのF谷さんでした。

Dsc08521_p

Dsc08526_p

               素晴らしいマジックショーでした。

Dsc08470_p

四国のM部さんの腕も上がり、今年も前夜祭から盛り上がっています。

Dsc08493_p

Dsc08505_p

Dsc08495_p光楽園スタッフが珍しく派手な装いで登場しました!!

Dsc08529_p


















ケーキは、お決まりのリアルタイム11月9日午前1時45分の登場です。

Dsc08531_p

前夜祭の〆は、松山のK田ご夫妻のお祝いの言葉でした。

Dsc08551_p

翌朝、食後にテラスでコーヒーを楽しむ皆さんです。

Dsc08556_p

さあ、祝宴が始まりましたよ。

Dsc08566_p
Dsc08572_p

Dsc08577_p

なんとまあ、素人とは思えないレベルの高さですね!

Dsc08581_p

サトルさんのパフォーマンスで描かれたアマテラスさん。

Dsc08599_p










Dsc08601_p

Dsc08618_p

もうみんな、目が釘付けさっ!
Dsc08626_p













Dsc08667_p



2014年4月16日 (水)

お誕生会2008年(還暦祝い)

11月9日の還暦の祝宴が、恒例のお餅つきから始まりました。

P1060769_p

P1060779_p

P1060789_p_2

P1060803_p

P1060836_p
P1060817_p







賑やかな出し物は次から次へと続きます。

P1060848_p
P1060825_p










艶やかな芸者姿を披露してくれたK美さんは、今頃天国で正観さんのお話を聞いているかな?

Dsc04408_p

Dsc04397_p

くれいん舎も、お祝いのコント?で出演しました。ゲゲゲの鬼太郎のネコ娘とネズミ男です。正観さんは、きっぱりと「赤いチャンチャンコは着ません」と言われましたが、ブレインさんが用意してくれたありがとうの羽織は「きたろうじゃないか(鬼太郎じゃないか)」を言うために身につけてくださいました。

Dsc04403_2

Dsc04405

Dsc04404_p

Dsc04424

Dsc04430_2

外国からの出演者?、和歌山のオクムラさんは、オスカー・ピーターソンに扮してのピアノ演奏。







出演者とハイタッチする正観さん、♡手作りの温かい幸せな還暦祝いでした♡


 

お誕生会2008年(還暦祝い)前夜祭

Dsc04320_p

Dsc04321_p

還暦祝い準備中の会場です。












イベントのお花は、いつもスタッフのK川さんが担当です。彼女はプロなので、手際よく仕上げて行きます。赤いバラが60本届きましたが、どんなお花もセンスよく仕上げることが出来ます。彼女にお花(イベント用・ギフトなど)を頼みたい方は、くれいん舎へご一報くださいませ。

Dsc04336_p

                   Kちゃんのお得意、ネギ焼きの用意が出来ました。

Dsc04326_p













変形ネギ焼きは、スタッフでいただきました。楽しいねっ。

Dsc04327_p

Dsc04337_p

そろそろ、皆さんおそろいになりました。










演芸会が始まりました。

Dsc04348_p

Dsc04340_p

Dsc04360_p














Dsc04361_p

正観さんも、お礼の言葉を述べられました。

Dsc04333_2

Dsc04347_2

Dsc04400_2

Dsc04367_p

お決まりの11月9日午前1時45分にケーキが運ばれてきましたが、丸型と角型の2つのケーキは、どちらも美味しそうでした。

Dsc04372_p

Dsc04374_2

Dsc04376_2

 

 

 









還暦祝い前夜祭は、夜明け近くまで続いていたということです。

私は、寝ていましたが、、、。

2014年4月14日 (月)

誕生会2007年

正観さんが生まれたのは「11月9日午前1時45分」、前夜祭のカウントダウンが始まりました。

Dsc09611_p

鳥取県の羽合(ハワイ)町から来られたフラダンサーのみなさん。

Dsc09644_p
この年に「目からウロコで目が点で」を出したサトルさんの挨拶です。

Dsc09649_p












Dsc09634_p
Dsc09641_p

舞台はみんなで盛り上げました。

Dsc09650_p

お料理も、みんなで作りました。

Dsc09661_p
この年の思い出は、なんといってもプロの歌手がステージに立たれたことです。
籐子(トウコ)さんは、正観さんの作詞した「お礼の歌」を歌ってくださいました。


Dsc09658_p

2014年3月26日 (水)

誕生会2006年

2006年は前夜祭&本番も光楽園での開催でした。
準備も、司会進行も、手作りの誕生会でしたので、今までやったことがない体験をたくさんさせていただきました。

正観さんから頼まれたことを実践してたとえ失敗しても何も言われませんでしたが、やれないと断ったりすることは「傲慢」だということも教えられました。
頼む方が出来ると思って頼んでくださるのに、受けるほうが「私なんて」と
断るのは「とても謙虚じゃない、つまり傲慢」だとよく分かりました。


Dsc04199_p

前夜祭はダイニングルームで開催。
Dsc04178_p_3
四国のkiyoshiお兄さまも登場。
Dsc04206_p












京女きく女さんも、そわかダンスで登場です。

Dsc04219_p

安曇野から艶やかな歌姫の登場。

Dsc04229_p
第2回の笑いオープンワールドは11月25日~26日に浜松のアクトシティで開催されましたが、主催者の恒ちゃんもお誕生会に参加していました。
Dsc04240_p












お料理は図書室に並べられてバイキング形式になっていました。

Dsc04277_p

SKPさんはコントでの出演です。

Dsc04280_p

大阪のkiyoshiさんは、お得意のマジックを披露。

Dsc04287_p












安曇野の歌姫も再び登場です。

Dsc04304_p

Dsc04312_p
こうやって、皆で作らせていただいて盛り上がる楽しい夜は更けてゆきました。

Dsc04317_p

誕生会2005年

051109_001100

講演会後に高松市で開催された前夜祭。

Sdscn4736










                                                        ここからは、光楽園での誕生会
この年から会場はロビーになりました。

                          ジェッツさん、ひろしさん、私のコント?

Sdscn4720

京女きく女さんの端唄。                                                                               

                                      フラの総踊りです。
Sdscn4751










                                                                                                                        
Spb090260

SKPさんは、天使のラブソングで登場してくださいました。

Dscn4713

当時流行っていたレーザーラモンHGを真似て踊るのは??

Hg
                                                                                   翌日、SKPさんが帰る前に集合です。      
Sdsc01710

光楽園でのお誕生会2004年

光楽園での正観さんの活動が始まったのは、確か2001年末からでしたが、
2002年のお誕生会は京都でしたので、光楽園でのお誕生日は、2003年
から始まりました。2003年の画像が見つからないので、2004年のものからご紹介させていただきます。

頼まれごとで正観さんが購入した光楽園ですが、おかげで多くの方がここへ来ることが出来ましたし、建物も喜んだと思います。購入した金額より、その後修理にかかった費用が、かなり上回ったということでした。(笑)

041109_024800
光楽園名物の薪ストーブです。炎の温かさで私達を包んでくれました。感謝。

040902_1343
光楽園のうたしショップでお買い物された方も多いと思います。ありがとうございました。

040903_0113
この頃はまだ参加者も少なかったので、ダイニングルームでの開催でした。

041109_0103
2004年のお誕生会には多くのケーキが集まりました。

040902_235500
ピラミッドハウスは座っているだけでリフレッシュ出来る気持ちのいい空間です。

«2000年10月のシルクロードの旅