« お誕生会2010年(最後のお誕生会) | トップページ | 2007年四国遍路旅~高野山~光楽園 »

2014年4月23日 (水)

笑いオープンワールド2004年~2010年

2004年11月20日~21日に第1回のワライオープンワールドが、浜松市のアクトシティで開催。前日の19日に集合して、設営の準備から始まりました。

041119_1925

長野から来た山岡一級建築士さんがスミツケ(イスを並べる場所に印をつける)
をして下さった所に配置していきました。講演会に並べたイスは1、100席程だったそうです。講演会会場、フード&休憩コーナー、販売ブースの三ヶ所の広さは千坪だそうで、広い広い会場でした。

041119_1920

音響さんを除く他はみんな素人集団で、こんな広くて大きな会場でやるイベントが出来るのかしら?なんて事は少しも思わないとこが、みんなスゴイ。後でカメラと照明の二名の方は過去に経験があると聞きました。

ステージの上に大きな看板をかけたらステージの方は準備が出来ました。スタッフジャンパーは男性はイエローグリーン、女性はショッキングピンクでしたが、サイズが女性はMのみ、色も着た事がないような目の覚める色で、落ち着かない事この上なしでした。私は結局男性用に替えてもらいました。

041119_192300














笑顔共和国の福田さんは、すでにスタンバイされています。何度もお会いして、お話も聞いていますが、今回のお話はいつもより更に良かったと思ったのは私だけではないでしょう。  

041120_1031

小さいのは携帯で撮った画像です。

041120_1340
041120_1341














正観さんのお話を聞き続けて11月に8年目に入ったミセスくれいんですが、正観さんのスゴイところは数あります。その中でも「どんな会場でも同じ態度で講演する」というのはスゴイと思います。大は船井オープンや笑いオープン、小は段々畑の上にある公民館のような民家、いろんな会場で講演される正観さんを見せて頂きましたが、どんな会場でも正観さんが講演される態度は変りません。どんな方にお会いしても同じです。

041120_1353

お二人の今日のお召し物は、とても素敵なピンクの文字で書かれた「ありがとう」がいっぱいの「ありがとう着物」です。

041120_173500
041121_184100

懇親会での演芸です。女装が初めての方がほとんどなので、えらく盛り上がっています。彼ら(彼女?)は「編隊(変態)とまれー」とか言いながら懇親会のステージに上がり、先ほど美しいSKPコーラス隊が歌った「私の青い鳥」を歌ったのですが、約300名の参加者から大受けしていましたよ。

Sdsc00077

おやおや、ルパンとネパールの美女ですか?

Sdsc00096

わけわからんかぶりものの人はだれでしょうか?
041120_2119
















第2回目は2006年11月25日~26日に、前回と同じアクトシティ浜松の展示イベントホールで開催。前日の13時に集合して準備にとりかかりました。

Pb250206_p_2

Pb260264_p

翌日のリハーサルをしているところです











正観さんのCD「ありがとう21」を作った方々が集まっています。

Pb260274_p

スタッフも少し休憩しています。

Pb250220_p_2

トップバッターは医師の昇先生ですが、なんと開演15分前というのにお姿が見当たりません。控え室にも、ブースにも、影も形もないのです?講師の先生方の誘導係りの担当Kちゃんは!!ひぇ~。
でもさすがです。はじまる前にはステージ横へ昇先生は無事到着。どうやらお外の方へ行かれていたらしい。これが教訓で、その後私もKちゃんも講師の方を見失わないようにマークするようにしました。

Pb250211_p_2

二番目の出し物は落語で花緑(かろく)さんのかっこいい江戸前の落語が始りました。今年の横浜でのコンサートでは気が付きませんでしたが、着物を着てスタンバイしているお姿は貫禄さえ感じさせます。お弟子さんが5人いるそうで、若いのにしっかりされています。

Pb250213_p

午後一は、同じ福岡に住んで親しくさせて頂いている福田純子さんの講演です。何ともいえない素敵な色柄の着物の裾をめくって、長襦袢はありがとうが入っているのを見せてくださいました。色っぽいかも?

Pb250216_p

そして次は、お待ちかねの歌之介さんの登場。4~5秒に一度は笑わせて下さる落語に、お腹が痛くなるほどです。鹿児島出身ですから同じ九州人として親しみを感じます。博多でも数回落語を聞かせて頂きました。主催のTちゃんが博多に来て、歌之介さんに出演依頼をした時に私も同席していたのですが、歌之介さんは時計からトランクス、ハンカチその他とうたしグッズをご愛用で、正観さんのご本もたくさん読まれていました。

Pb250225_p_2 

笑いオープンでの裏話(BY某主催者)

南条マキさんは正観さんのご本やお話を聞いた事がない方で、弘園社の坂本社長さんがとある、保険会社のパーティで彼女を見初め、「笑い」にピッタリの方だと薦めて下さいまして、正観さんの了解を得ての出演でした。

 南条さんは最近プロダクションを辞められ、マネージャーさんとも上手く行っていないようで、この「笑いオープン」のお話は詳しく聞かされていなく、タダ「浜松へ行って」と言われたそうです。そんなトラブルがある中での出演で、楽屋に入るそうそう、寒いとご機嫌が悪かったそうです。実は前日から風邪気味だったのです。会館の方にお願いして暖房を入れたのですが、全控え室の暖房が故障中とその時わかったのです。

Pb260275_p_2

と言うことは、前日から楽屋を使っていた、福田純子さん、歌之介さん、花緑さん寒い思いをしていたのです。でも、正観さんのお話を聞かれているみなさんは文句を言わないのです。すごいですよね。

1時間のステージを終わって楽屋に戻ってきた南条さんが、スタッフに向かって、「さっきはごめんなさいね、いやなこと言っちゃって」と誤ったのです。エエエエ・・・

何とその時、南条さんから「スタッフやお客さまが、みんな楽しんでいる。いったいこの人達はなに?正観さんてどんな方?ご本が欲しいから買うわ。」とおっしゃったのです。1時間のステージに上がって何かを感じたのでしょうか。南条マキただ者じゃあない。もしかして、スゴイ人かも?

会場から帰られるとき、私と湯婆婆がお見送りをしたのですが、車の中から何時までも、私たちに手を振っているのです。そして昨日南条さんからファックスが入っていたのです。「2年後の出演のご依頼うれしでーす。お客様と皆さんのパワーのおかげで楽しくショーを演らせて頂きました。ありがとうございます。正観さんのご本とてもおもしろいです。」 うれしいですね。みなさんドンドン素敵になっていく。

Pb250231_p_2

懇親会ではSKPさんの出し物が受けていました。

Pb250241_p_2


第3回目は2008年11月1日~2日にアクトシティ浜松で開催。
31日から浜松へ入り、ワライオープンワールドのお手伝いをさせて頂きました。今回で3度目になりますが、毎回いろんな気付きがあって楽しいです。

この方が主催者のみもざさんこと恒子さん、小さな身体でビッグなことやっています。このお花も彼女が生けました。

Dsc04184_2

舞台スタッフのみなさんで、大きな太鼓を運んでいるところです。

Dsc04194_p

舞台監督の山田眞司さんと鶴田眞理子の共通点は真ん中の二字です。つまり田と眞、だから何ですけどね。タマタマ(田眞田眞)です。

Dsc04201_p














今回も司会をしてくださった彩子さんは、性格も声もよくて美人です。

Dsc04197_p

物販ブースでばれり~ばさんこと谷川さんから気功療法を受けました。気持ちよくてとろけそうでしたよ。みなさんもお試しくださいね~。

Dsc04202_2

美鈴さんは水晶玉を販売していました。売れましたか~?

Dsc04204_2













いろんなお店が出ていましたが、癒し系のものが多かったみたいですね。

Dsc04207_p

Dsc04213_3

      

籐子さんの「お礼の歌」です。












Dsc04215_3

出場者全員で歌っているところです。

Dsc04216_3

Dsc04220_2

正観さんの歌は「川の流れのように」です。












Dsc04221_p

ワライオープンワールド二日目の最後の全員コーラスで、ステージも客席も一体になっての盛り上がりです。

Dsc04222_p

懇親会も盛大に執り行われました。

Dsc04159_2












北海道チームの演芸に拍手喝采。

Dsc04176_p

おや、今年もルパンが登場しています。

Dsc04161
Dsc04181_2

正観さんが真面目なお顔ですね。













第4回目は浜名湖ロイヤルホテルで、2010年11月6日に開催されました。
トップバッターはテラスターズさんです。この回は、正観さんが最後に出演されたワライオープンワールドです。

4097

4039_2

4098

花緑さん、西本先生、歌之助さんと続きます。

4099
4041













気さくに写真を取らせてくださいました。

4043

今回のワライオープンと正観さんのお誕生日に参加して感じたことです。昨年までは、笑いは述べ二千人、お誕生会は百数十人規模の催事でした。文字通り.com(ドットコム)でしたから、スタッフはヨレヨレになっていました。(私だけかも知れませんが)

それが、今年は@home(アットホーム)な催しになったのです。花禄さんのお母さんが言われたそうです。「本当に正観さんや、花禄の話を聴きたい方だけが来られたのね」、同感です。

4045

終了後の懇親会も美味しい料理が沢山出てきて、お腹一杯いただけたし(これは重要)花緑さんもウクレレを弾きながら歌ってくださったりと別な芸が見れたりして、すご~く得した気分になりました。

4048

全国の方と会えるのもワライオープンの楽しみで、北から南から大勢の懐かしいお顔がありました。

4047_2

4046

そして、正観さんのプレお誕生会もあり、正観さんが歌ってくださいました。主催者から用意されたケーキは、正観さんは召し上がらなかったので、私たちが懇親会後の二次会で、いただいちゃいました。(美味でした~m(__)m)

Dsc00106

Dsc00107

Dsc00108

























私がこの日記にワライオープンワールドを掲載したいと頼んだら、恒ちゃんがその返事をくれましたので、ここに掲載させていただきます。

まりちゃん是非とも載せて下さい。
うれしいです。あちらに行かれても、正観さんは総合統括プロデューサーです。今回出演者を探して居る時も、繋げてくださってます。今回ご出演の皆さんも、正観さんの大ファンですよ

第6回ワライオープンワールドが2014年10月25日(土)に静岡県掛川市で開催されます。詳細は下記からご覧ください。

第6回ワライオープンワールド

« お誕生会2010年(最後のお誕生会) | トップページ | 2007年四国遍路旅~高野山~光楽園 »

コメント

すごく楽しそう。おもしろそう。
ミセスくれいんさんが、スタッフとして大活躍してくださったおかげにより、裏方さんの情報も、たくさん教えてもらえるんですね。
ミセスくれいんさんに感謝です。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2007329/55904504

この記事へのトラックバック一覧です: 笑いオープンワールド2004年~2010年:

« お誕生会2010年(最後のお誕生会) | トップページ | 2007年四国遍路旅~高野山~光楽園 »